BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2019.08.08股関節疾患

変形性股関節症とAPS療法

変形性股関節症とAPS療法

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第204

 

204回目のブログ投稿です!

8月8日です!

ヒゲの日らしいですよ!

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の正宏です。

 

 

 

 

 

今回のテーマは

変形性股関節症とAPS療法です。

 

 

 

 

当院は股関節・膝関節の人工関節手術を

メインにしているクリニックですが、

再生医療にも力を入れています。

 

 

 

 

再生医療の注射のひとつであるAPS療法を

主に変形性膝関節症に対して行っていますが、

実は変形性股関節症に対しても行っています。

 

 

 

まだ股関節の変形が重度でなければ

APS療法を行うことによって疼痛が改善する可能性があります。

 

 

 

 

ただし、

股関節の変形が進んでいて、

股関節の可動域が制限されているような状態であれば

手術をしたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

変形性股関節症で悩んでいる方は

是非相談にいらしてください。

 

 

 

 

 

お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

「とりあえず育毛剤ためしてみよっ!」

 

 

 

 

ハゲたらカツラをかぶろうとおもっている

世田谷に人工関節・椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎・再生医療

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~土] 9:00~11:30、14:00~16:30