BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2018.01.25骨粗鬆症

骨粗鬆症と骨形成促進薬

骨粗鬆症と骨形成促進薬

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第46

 

46回目のブログ投稿です!

乃木坂46、欅坂46。

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

今回のテーマは、

 

骨粗鬆症と骨形成促進薬です。

 

 

骨粗鬆症の治療薬には飲み薬や注射薬など色々なお薬があります。

 

 

骨粗鬆症の治療では食事と運動療法が基本になりますが、

適切な時期から薬物療法を開始する必要があります。

 

 

これまで薬物治療の中心となっていたのは、

骨吸収を抑制する作用があるビスフォスフォネート製剤ですが、

最近では新しい薬剤が開発され、治療薬の選択肢が増加しています。

その1つが骨形成促進薬です。

 

 

骨形成促進薬は骨芽細胞系細胞に作用し、

前駆細胞から骨芽細胞への分化を促進したり、

骨芽細胞のアポトーシスを抑制することで、

骨形成を促進する薬剤です。

 

骨形成促進薬には

・テリボン(週1回医療機関で投与)

・フォルテオ(1日1回自己注射)

の2種類があります。

 

ここで、テリボンのデータをひとつ紹介します。

65歳以上の骨折の危険性の高い原発性骨粗鬆症外来患者578例を対象とした

無作為化二重盲検群間比較試験であるテリボンの第Ⅲ相試験(TOWER試験)

 

テリボン投与72週後における新規椎体骨折の発生率は3.1%であり、

プラセボ群14.5%に比べ新規椎体骨折の発生率を有意に抑制した。

また、投与72週後における新規椎体骨折のプラセボ群に対する相対リスク減少率は78.6%であった。

そして、新規椎体骨折の抑制効果は早期から認められており、

投与24週後までのプラセボ群に対する相対リスク減少率は53.9%であった。

さらに、投与継続により新規椎体骨折発生率は低下しており、

投与49~72週では新規椎体骨折の発生は認められなかった。

 

このように骨形成促進薬は有効性が認められていて、

非常に有効な薬となっています。

 

 

どのような治療薬が適しているかは

みなさんそれぞれ異なりますので、

骨粗鬆症の治療について気になるかたはご相談いただければと思います。

 

 

 

 

ステーキを頬張るのが好きな

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6 1F

 

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~金] 9:00~11:30、14:00~16:30 [土] 9:00~11:30