BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2020.09.28膝関節疾患

変形性膝関節症の手術をいつするのか?

変形性膝関節症の手術をいつするのか?

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第286

 

286回目のブログ投稿です!

2020年9月28日です!

ファッションショーの日です!

生まれ変わったらパリコレに出たい

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

 

 

今回のテーマは、

変形性膝関節症の手術をいつするのか?です。

 

 

 

変形性膝関節症による膝の痛み

徐々に悪化してきたときに

 

 

・いつ手術するべきなのか?

・そもそも手術したほうがいいのか?

・手術しなければいけないのか?

 

 

というような質問を受けることがあります。

 

 

 

変形性膝関節症は進行性の病気です。

 

 

進行すれば、

それに伴い痛みが強くなり、

歩行に支障が出てきます。

 

 

 

治療としては、

まずは保存療法が重要になります。

 

 

しかし、

保存療法を行っても膝関節の痛みが軽減しない場合や、

明らかに保存療法を行っても

症状の改善が困難なほど

病状が進行している場合などには手術を検討します。

 

 

 

手術を行うかどうかは、

 

・膝関節痛の程度

・日常生活の不便さ

・年齢

・仕事の内容

 

 

など、さまざまな要素を総合的に考慮して手術をするかどうか決定します。

 

 

 

 

膝の痛みのために日常生活でどれだけ支障をきたしているか

ということが、

手術を決定するうえで最も重要な要素になります。

 

 

 

重度の変形性膝関節症でも症状が軽く、

日常生活に困っていなければ手術の必要性はあまりないでしょう。

 

 

 

内臓疾患のガンとは違い、

変形性膝関節症は必ずしも手術をしなければいけない病気ではありません。

 

 

 

ただし、治る病気ではありません。

徐々に進行していく病気です。

 

 

 

症状が進行していくと歩行の障害、

膝関節の可動域の制限(膝が伸びない、曲がらない)が出てきます。

 

 

 

可動域制限にくわえて

徐々にO脚が進行します。

 

 

 

日常生活に影響がでるようであれば、

それは手術のタイミングだと思います。

 

 

 

 

最終的には

患者さん自身で手術をするかどうかを決めなければいけません。

 

 

 

よく考えることが大事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の大きな怪我は今までしたことない

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

 

当院では私と一緒に働いてみたい熱い気持ちをもった

・整形外科の常勤医師

・理学療法士

を求めています。

 

興味がある先生、理学療法士は

ホームページのお問い合わせから御連絡いただければと思います。

まずは見学だけでも大丈夫です!

宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科・リハビリテーション科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎・再生医療

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~土] 9:00~11:30、14:00~16:30