BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2020.03.30膝関節疾患

APS療法と細胞治療

APS療法と細胞治療

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第260

 

260回目のブログ投稿です!

2020年3月30日です!

信長の野望の日です。

昔、はまっていた時期がある

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

 

とりあえず、

新型コロナウイルスがいつになったら落ち着くのか・・・。

はやく落ち着いてほしいですよね。

 

 

 

 

今回のテーマは、

APS療法と細胞治療です。

 

 

 

 

当院では再生医療の治療の選択肢として

APS療法の注射を行っています。

 

 

 

 

APS注射は再生医療とよく言われていますが

実際には細胞治療(Cell therapy)と呼ぶのが正しいと言われています。

 

 

簡単に言えば、

自分自身の細胞を使った治療ということですね。

 

 

 

というわけで、

APS療法は主に膝関節に行っていますが、

股関節足関節にも行っています。

 

 

 

変形性膝関節症の病期分類

再生医療

  • [Grade 0]
  • [Grade Ⅰ]
  • [Grade Ⅱ]
  • [Grade Ⅲ]
  • [Grade Ⅳ]
  • Grade 0:正常
  • Grade Ⅰ:関節裂隙狭小のないわずかの骨棘形成 , または軟骨下骨硬化
  • Grade Ⅱ:関節裂隙狭小(25% 以下)あるも骨変化なし
  • Grade Ⅲ:関節狭小(50%~75%)と骨棘形成 , 骨硬化像
  • Grade Ⅳ:骨変化が著しく,関節裂隙狭小(75% 以上)を伴う

 

 

APS療法はGrade Ⅲまではある程度効果が期待できると思います。

 

 

 

変形が進行し、

Grade Ⅳになると関節軟骨が消失しており、

変形が重度であるため

APS注射は効果があまり期待できないと言われていました。

 

 

 

しかし、最近わかってきたのは

Grade Ⅳの状態でも一定の確率で

APS注射が効く患者さんもいるようです。

 

 

 

ただし、

Grade ⅣでO脚が強い場合には

人工膝関節全置換術を考えたほうがいいでしょう。

 

 

 

やはり、

変形が重度になる前にAPS療法を行うことが重要。

 

 

 

 

 

 

 

鶏むね肉はタンパク質の宝箱!

 

 

基礎代謝の低下が気になる

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

 

当院では私と一緒に働いてみたい熱い気持ちをもった

・整形外科の常勤医師

・理学療法士

・看護師

を求めています。

 

興味がある先生、理学療法士は

ホームページのお問い合わせから御連絡いただければと思います。

まずは見学だけでも大丈夫です!

宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科・リハビリテーション科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎・再生医療

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~土] 9:00~11:30、14:00~16:30