BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2019.03.04膝関節疾患

人工膝関節再置換術の原因

人工膝関節再置換術の原因

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第159

 

159回目のブログ投稿です!

3月4日はミシンの日!

または、バウムクーヘンの日です。

はい、バウムクーヘン好きな

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

 

今回のテーマは

人工膝関節再置換術の原因です。

 

 

 

 

人工膝関節全置換術後に

なにかしらのトラブルがあり

再手術が必要になる場合があります。

 

 

 

では、どういった原因で再手術になるのでしょうか?

 

 

日本人工関節学会の登録データによると

上位5位の原因は

 

1位、人工膝関節の感染

2位、脛骨インプラントのゆるみ

3位、大腿骨インプラントのゆるみ 

4位、ポリエチレンの摩耗

5位、膝関節の不安定性 

 

 

人工膝関節の再手術になる理由は

感染症が一番多いってことですね。

 

 

人工股関節よりも人工膝関節のほうが

感染症が起こるリスクが高くなります。

 

 

人工関節が感染症を起こした場合は

基本再手術になります。

 

 

抗菌薬の内服や点滴治療だけでは基本寛解はしません。

 

 

しかも、感染症の場合には

再手術が何度も必要になる可能性があります。

 

 

感染症を起こすと治療に長期間かかります。

 

 

 

あぁ~~・・・

感染症は怖い怖い・・・。

 

 

 

 

 

定期的に風邪をひく

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6 1F

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~金] 9:00~11:30、14:00~16:30 [土] 9:00~11:30