BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2019.01.14膝関節疾患

変形性膝関節症とPFC-FD注射

変形性膝関節症とPFC-FD注射

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第145

 

145回目のブログ投稿です!

本日は成人の日。

20歳の時、成人式に参加していない

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

今回のテーマは

変形性膝関節症とPFC-FD注射です。

 

 

 

当院は人工関節の手術を行う専門クリニックではありますが、

人工関節手術を受けるまでの治療の選択肢として再生医療があります。

 

 

当院では再生医療として

PFC-FD注射を行っています。

 

 

PFC-FD注射は

Platelet-derived Factor Concentrate – Freeze Dryの略です。

 

 

日本語で言うと、

血小板由来因子濃縮物

 

 

最近再生医療でよくPRP(多血小板血漿)という言葉を聞く機会が増えたかと思いますが

そのPRPを濃縮したものがPFCです。

 

 

 

上のグラフが示すように

成長因子の濃度や総量が

PRPと比較してPFCのほうが多いのが特徴です。

 

 

 

再生医療に興味がある方は

当院で相談してみてください。

 

「もう膝が痛くて・・・痛くて・・・」

 

 

 

落合博満の右打ちが好きな

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6 1F

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~土] 9:00~11:30、14:00~16:30