BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2018.09.13膝関節疾患

人工膝関節置換術の入院期間

人工膝関節置換術の入院期間

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第112

 

112回目のブログ投稿です!

Pinoを食べるときはハート形のPinoがあるのか気になってしまう

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

 

今回のテーマは、

人工膝関節置換術の入院です。

 

 

人工膝関節置換術を受けた際には

どれくらいの入院するのでしょうか?

 

 

 

入院期間は病院によって異なります。

 

 

 

当院では、

人工膝関節置換術を行っていますが、

片膝を手術した場合でも、両膝を同時に手術した場合でも

基本的には約2週間を設定しています。

 

 

 

実際には膝の機能の回復が良ければ

10日間位でも退院は可能です。

 

 

リハビリの経過が良ければ

早く退院することは可能なのです。

 

 

 

一般的には

人工股関節置換術後よりも

人工膝関節置換術後のリハビリのほうが辛いと言われています。

 

 

 

辛いからといってリハビリをやらないわけにはいきません!

 

 

術後のリハビリを頑張るか、頑張らないかで

機能の回復が変わってきますので!

 

 

辛いのは初めの時期だけなので!(笑)

 

 

手術を受ける皆さん、

頑張って乗り切ってください!

 

 

代謝をあげるなら下半身の筋肉量が大事!!

 

 

 

昔はローキックの鬼と同級生から呼ばれていた

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6 1F

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~金] 9:00~11:30、14:00~16:30 [土] 9:00~11:30