BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2020.10.19股関節疾患

人工股関節置換術と手術室滞在時間②

人工股関節置換術と手術室滞在時間②

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第289

 

289回目のブログ投稿です!

2020年10月19日です!

イベンダー・ホリフィールドの誕生日です!

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

 

 

今回のテーマは、

人工股関節置換術と手術室滞在時間②です。

 

 

 

 

はい、前回の続きです。

 

 

 

人工股関節置換術を行う場合に

実際手術室にどのくらいの時間、滞在するのでしょうか?

 

 

 

手を入念に洗ってから

手術室に再度入ってから手術衣を着ます。

 

 

患者さんの脚を心を込めて消毒してから

身体に滅菌のシーツをかけます。

 

 

 

そして、

手術に使用する器械を色々とセッティングしてから

やっと手術が始まります。

 

 

 

そうなんです。

これだけの工程が手術が始まるまでにあるのです。

 

 

 

手術室に入ってすぐに手術が始まるわけではないのです。

 

 

そして、

手術が終わると、

手術後のレントゲンを撮影し、異常が無い事を確認します。

 

 

その後、全身麻酔を覚まします。

 

 

全身麻酔がしっかり覚めて

血圧や脈拍などが安定していることを確認してから

病室用のベッドに移動してオペ室を退室します。

 

 

 

簡単に述べましたが

これだけの工程が手術にはあるのです。

 

 

 

というわけで手術室滞在時間は

片側の人工股関節置換術の場合は

通常約1時間半程度が目安になってきます。

もちろん個人差はありますので2時間を超える事もあったりします。

 

 

 

そんなところです!(笑顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広い背中に憧れる

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

 

当院では私と一緒に働いてみたい熱い気持ちをもった

・整形外科の常勤医師

・理学療法士

・看護師

・医療事務

を求めています。

 

興味がある先生、理学療法士は

ホームページのお問い合わせから御連絡いただければと思います。

まずは見学だけでも大丈夫です!

宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科・リハビリテーション科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎・再生医療

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~土] 9:00~11:30、14:00~16:30