BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2018.02.05股関節疾患

変形性股関節症と大腿骨頚部骨折

変形性股関節症と大腿骨頚部骨折

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第49

 

49回目のブログ投稿です!

学生自体に49ersに注目してた

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

今回のテーマは、

 

変形性股関節症と大腿骨頚部骨折です。

 

 

変形性股関節症と大腿骨頚部骨折は

なにが大きく違うのでしょうか?

 

 

簡単で言えば

変形性股関節症は病気で

大腿骨頚部骨折は怪我(外傷)です。

 

 

さらに大きな違いがあります。

 

 

変形性股関節症は基本的には急に発生するものではないので

色々な病院を調べて、

自分で外来を受診し、

自分自身でどこで手術を受けるのか選ぶことが可能です。

 

 

大腿骨頚部骨折の場合は、

ある日突然転んだことにより歩けなくなります。

歩行困難になるため、怪我した近くの病院に救急搬送されます。

 

搬送された病院で、

レントゲン検査してみると大腿骨頚部骨折と診断され入院となります。

ほとんどの場合がその病院で手術を受けることになります。

自分自身でどこで手術を受けるのか選ぶことが困難なのです。

 

 

自分で執刀医が選べるか選べないか、

この違いは大きいと思います。

 

 

まとめると

変形性股関節症は自分で執刀医を選べる。

大腿骨頚部骨折は自分で執刀医を選べない。

 

 

大腿骨頚部骨折を起こさないようにするためにも

骨粗鬆症の治療はしっかり行っておきましょう!

 

 

 

焼きそばは細麺よりも太麺派の

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6 1F

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~金] 9:00~11:30、14:00~16:30 [土] 9:00~11:30