BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2018.07.05股関節疾患

人工股関節置換術と身長

人工股関節置換術と身長

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第92

 

92回目のブログ投稿です!

東京オリンピックまであと2年。

間近でオリンピックが見れるなんて人生最初で最後でしょうね。

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

 

今回のテーマは、

人工股関節置換術と身長です。

 

 

 

変形性股関節症の場合、

軟骨がすり減っていたり、大腿骨や骨盤が変形しているため、

本来の脚の長さより短くなっています。

 

 

 

両方の股関節が変形性股関節症の場合に

両方の股関節に人工股関節置換術を行うと

実は元々短くなっていた脚を本来の脚の長さに戻すために

身長が若干伸びます(笑)

 

 

どれくらい伸びるかはその人によって変わりますが

0.5~2cm程度、身長が伸びることが多いと思います。

 

 

 

最大で3~4cm程度、脚を延ばすことが可能ですが

脚を伸ばしすぎると

今度は神経麻痺が発症するリスクが高いため

伸ばしすぎないことも重要です。

 

 

 

身長を伸ばすにはたんぱく質が大事!

 

 

 

温泉では必ずサウナに入るタイプの

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6 1F

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~土] 9:00~11:30、14:00~16:30