BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2018.09.03股関節疾患

人工股関節置換術と正座

人工股関節置換術と正座

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第109

 

109回目のブログ投稿です!

9月ですね。

そろそろ涼しくなってほしい

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

 

 

今回のテーマは、

人工股関節置換術と正座です。

 

 

 

 

よく患者さんに質問されるものとして

 

「人工股関節置換術をしたあとって正座って出来ますか?」

 

というものがあります。

 

 

人工股関節置換術を受けたあとも

正座自体は特に問題なく出来ます。

 

 

 

ただし、

正座した状態でお辞儀が出来るかどうかは

手術の方法(切開の位置)によって変わってきます。

 

 

 

後方アプローチの場合は

後方脱臼に注意が必要なため

正座しながらのお辞儀は股関節が深屈曲になるため

注意が必要です。

 

 

 

私が行っている前方系アプローチの場合は

後方に脱臼する可能性が低いため

正座した状態でのお辞儀は特に問題なく可能です。

 

 

はい、

前方系アプローチの場合は

正座している状態でのお辞儀は特に制限はしていません。

 

 

 

というわけで、

人工股関節置換術を受けたとしても

前方系アプローチの場合は

ジャパニーズ土下座は問題なく出来るということです(笑)。

 

 

「ん?なにか?」

 

 

 

大人になってすっかり正座をすることが無くなった

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6 1F

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~土] 9:00~11:30、14:00~16:30