03-5931-8756
人工膝関節置換術と骨セメント2

人工関節・脊椎ブログ

人工膝関節置換術と骨セメント2

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第314

 

314回目のブログ投稿です!

2021年4月5日です!

1958(昭和34)年4月5日、長嶋茂雄が4打席4三振でデビューした日ですね。

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。 

 

 

 

 

今回のテーマは 

人工膝関節置換術と骨セメント2です。 

 

 

 

 

人工膝関節のインプラントを骨に固定する際に

骨セメント(接着剤または充填剤)を使用する場合としない場合があります。

 

 

 

 

日本で行われている人工膝関節全置換術の約8割の手術で

骨セメントが使用されているのが現状です。

 

 

 

 

私自身は骨が脆い事が多い女性の場合は

骨セメントを使用することが多いのですが、

 

 

 

骨が丈夫な男性の場合には

骨セメントを使用しない場合があります。

 

 

 

 

骨セメントを使用しないインプラントの場合では

インプラントに徐々に骨が入り込み

インプラントと骨がくっついてしまいます。

 

 

 

簡単に言えば

インプラントと骨が一体化するっていうことですね。

 

 

 

手術における

骨セメントを使用しない(セメントレスインプラント)メリットとしては

手術時間の短縮が挙げられます。

 

 

 

反対に骨セメントを使用しない(セメントレスインプラント)デメリットは

より正確に骨を切らないといけない事と

骨が脆い場合にはセメントレスインプラントは使用できない事ですね。

 

 

 

骨が脆い場合に

無理矢理骨セメントを使用せずにインプラントを叩き込むと

骨折するリスクがあるので要注意だからです。

 

 

骨が折れては大変ですからね。

 

 

 

 

人工関節って奥が深いですね・・・(笑顔)

 

「酔っぱらって、骨を負ってしまったあぁ・・・」

 

 

 

 

 

早く花粉症が終わってほしいと願う

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

 

 

当院では私と一緒に働いてみたい熱い気持ちをもった

・整形外科の常勤医師

・理学療法士

・看護師

・医療事務

を求めています。

 

興味がある先生、理学療法士、看護師、医療事務は

ホームページのお問い合わせから御連絡いただければと思います。

まずは見学だけでも大丈夫です!

宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科・リハビリテーション科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎・再生医療

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6